のし

ケイコさん
「お中元」のお返しマナー:お返しの「のし紙」には何と書けばよいですか?




「お中元」のお返しのときののし紙には、頂いたものと同じように「お中元」「御中元」と書くのが一般的です。

ただし、お返しをする人が部下など、自分よりも目下の人の場合なら「お礼」「御礼」とする場合もあります。

また、「お中元」や「お歳暮」は継続的に贈るものなので、今年1度限りで贈るというのはマナー違反にあたります。今年だけお返しをしたい場合は「お礼」「御礼」などと書いた方がいいでしょう。

ただし、もしも毎年「お中元」のお返しをしていたけれど、今年はお返しができないという場合などは、お礼状にその旨も書いた方が親切です。相手が気を遣いながら待ってしまわないように連絡してあげましょう。

お返しののし紙に「お中元」と書いて贈る場合は、お返しをするタイミングによって書き方が、「暑中見舞い」や「残暑見舞い」になるので気をつけましょう。タイミングは地域によって違います。

詳しい時期については、こちらのページも参考にしてください。

》参考:楽天市場|お中元のお返し