TOPイメージ

ケイコさん
お中元とお歳暮を両方贈るのは大変!どちらかをやめてもいい?

年に2回、「お中元」と「お歳暮」を両方贈るのは大変という場合について、説明します。

「お中元」と「お歳暮」、まずどちらかを辞めるとしたら「お中元」です。

今まで、年に2回、「お中元」と「お歳暮」を贈っていたのに、いきなりどちらも止めてしまうのは相手を心配にさせてしまいます。相手を驚かせないためにも、一般的なマナーとしては、まず、「お中元」からやめるようのが良いようです。




なぜなら、「お中元」だけを贈るのはあまり良くない贈り方のようです。「お中元」を贈るなら、お歳暮も贈るのが一般的なマナーとされています。

ですから、「お中元」か「お歳暮」のどちらか一方だけにしたいと思うなら、お歳暮だけを贈る方が正しいマナーです。お歳暮は一年の締めくくりであるため、今年一年間の感謝と、来年への挨拶も込めて贈ることができます。

「お中元」は一年の途中で贈る物ですので、「お歳暮」を贈ることで「お中元」の分の挨拶もできると考えられるため、「お歳暮」の方が「お中元」より重要視される傾向にあります。

どちらか一方をやめるのであれば、「お中元」をやめることをおすすめします。





Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/rws2021/www/hyperpop.jp/wp-content/themes/diver_child/single.php on line 97